埼玉県立久喜高等学校同窓会

転居後の連絡先登録

研修旅行報告

7時半という早い時間の出発でしたが、35名の参加者の皆様の、満ち溢れる笑顔に、元気をもらった旅行でした。

最初の見学場所「道の駅とみうら枇杷倶楽部」は、全国1059の道の駅のうち、国土交通省が選んだ6箇所の全国モデルの1つにあげられるだけあり、地域の観光資源である枇杷を、観光ニーズとして呼び込みをしながら、6次産業化への素晴らしい取り組みに感動しました。これからの農業の将来が見えてくるような頼もしさも感じました。

もぎ取った枇杷は、デパートにもだしている高級琵琶で、大きさ、味、採りたてのみずみずしさは、忘れられない味となりました。持ち帰りの枇杷は、家族の何よりのお土産になったことでしょう。

お昼は、海鮮浜焼き食べ放題に舌鼓を打った後、パワースポットの「崖観音」に参拝し、朱塗りの観音堂と崖の地層、高台から見える海の絶景に、思わずシャツターを押してしまいました。

県内最古の磨崖仏に見守られながら、パワーをもらって帰ってきました。

最後に、4月オープンの海ほたるPAに立ち寄り、海の眺めを堪能し、旅行の余韻を残しながら、恒例の校歌を歌い、担当した皆様への感謝をかみ締めながら、無事に終わることができました。

 

PAGE TOP