埼玉県立久喜高等学校同窓会

転居後の連絡先登録

令和3年度 総会・交流会報告

6月12日(土)10時より、久喜高校視聴覚室において、総会が行われました。

学校側から大久保智久校長先生・持田貴嘉理事長(教頭先生)・事務局の長村佳子先生・渉外部会計の成田寛先生、同窓会から28名が出席しました。

後上民子会長、校長、理事長あいさつ後に、議事(令和2年度の事業報告・決算報告並びに監査報告・役員改選・令和3年度の事業計画案・予算案・平成4年度交流会について)に入り、議事内容は全て承認されました。

交流会については、卒業後10年と還暦の同窓生に、総会・交流会案内を2年間発送をしていましたが、返送状況等から、来年度より還暦の同窓生のみの発送になりました。

<交流会報告>11時~11時40分

羽生市教育長の秋本文子様(高校26回卒)より、「夢を語り、未来につなぐ」の題目でお話がありました。

中学校の保健体育教員、教育行政、管理職、現在までの自己紹介があり、ご自分の人生の基盤となったのは、久喜高校で学べた喜びと誇りであるという、ありがたいお話も伺えました。また、夢から未来へ導いてくださったお母様の教育のすばらしさも、皆様、感動していました。

その他の内容としては、長野県立大の初代学長 金田一真澄氏の記念講演会「人生100年時代を見据えた教育の在り方」教育へのヒント、学び続ける教師のもとに子どもは育つ、恩師や教え子からの手紙、ご自分で作られた絵本の紹介など盛り沢山でしたが、どの内容もご自身のモットーとしている「元気で 明るく さわやかに」の言葉のごとく、会場の皆様を元気づけてくださいました。

PAGE TOP