埼玉県立久喜高等学校同窓会

転居後の連絡先登録

七宝まりプロジェクト経過報告

埼玉県立久喜高等学校創立百周年記念事業実行委員会(以下実行委員会)は、昨年十一月に第一回総会を開き、実行委員長に、後援会会長新井広美さん(高校三十二回卒)を選出し、活動が開始されました。

5月20日、第2回創立百周年記念事業常任委員会において、記念事業の概要が決定され、「七宝まりプロジェクト」と「記念講演」が行われました。

「七宝まりプロジェクト」については、平成30年11月10日(土)の埼玉県立久喜高等学校創立百周年記念式典において、会場の久喜総合文化会館に、みんなで作った七宝まりが飾られ、ポスターの製作やメディアへの宣伝など、素晴らしい取り組みとなりました。

また、7月26日の同窓会総会後と9月10日の久喜高校文化祭において、「七宝まり」作り方ワークショップを行い、久喜高校ホームページに、「七宝まり」の型紙が掲載されました。およそ2000個の七宝まりを卒業生、在校生、PTA、後援会の方々に協力していただき、百周年の喜びを共に分かち合うことができました。大同窓会、観桜会にも飾られ、皆様のご協力に、心より感謝いたします。


同窓生の七宝まり作り情報

30年2月12日、26回卒業生3年7組有志10名で七宝まりを作成しました。高校の思い出話に花が咲き、「まりがつなぐミニ同窓会」は、今でも皆の笑顔が忘れられないほどの至福の時間でした。

 

観桜会に飾られた七宝まり                                                      三月三十日、学校主催の恒例の観桜会が行われました。

門のところには、同窓生の皆様にも、ご協力していただいた七宝まりが飾られました。

 

PAGE TOP